水素のお風呂は30分以上入るのが良い
水素のお風呂は30分程入るのが良いとされています。
水素が体全体にいきわたる野に7分はかかります。
30分は入れないって人でも、7分は頑張って入って下さいね。

その時の水素風呂の温度なのですが、
夏場は、36℃~38℃が良いでしょう。
冬場は、38℃~40℃が良いでしょう。
熱いと血流が良い為、朝がダラダラ出てしまいます。
長風呂出来ないのです。
だからいつもよりぬるめのお湯に入るのがベストですね。

半身浴でも構いません。
出来るだけ長い間水素のお風呂に入っていましょう。
水素があなたの悪玉活性酸素をやっつけてくれるのですから、頑張りましょう!

水素風呂は、肌から水素が吸収されるだけではなく、口からも入ってきます。
お風呂に溶け込んだ水素が空気中にも溶けだしますから、呼吸している時に水素が入ってくるのです。
お風呂の浴室全体に水素が充満しているという感じです。

皮膚からも入ってくるし、口からも入ってきます。
ダブルで水素を摂取できる水素風呂って素敵ですよね。