もともと私の母親がファンで子どもの頃から聴かされていたアーティスト、さだまさしさん。今でも何かあるとアルバムを引っ張り出して聴いています。

初めての妊娠中、マタニティーブルーになり元気がなかった私。ふと思い出してさだまさしさんのアルバムを聴いてみたら…号泣。
「案山子」という曲なんですが、故郷を離れた我が子を心配する親の心情を描いた曲なんです。大学卒業後、日本を飛び出しなかなか故郷に戻らない生活をしていたので余計に心にしみました。

親の心、子知らず。自分が親になって初めて親の有り難さがわかるものなんですね。
さだまさしさんの歌は歌詞がどれもきれいな日本語で綴られているところが特に素晴らしいと思います。最近の歌は乱暴な言葉遣いのものが増えたと思いませんか?
私が年をとったからかもしれませんが、グッとくる曲が減ってきた気がします。本当に教養がある人が書いた詩的な歌詞になかなか巡り会えません。
え?、古いし…なんて言わず、一度手にとってみてください。さだまさしさん、オススメですよ。